→注目記事
>
>
>

パパっと読めるおいしい情報!話題のひとネタ

おもてなしにフレーバーウォーターが人気05/28 (月) 11:00

フレーバーウォーターとは果物や野菜、スパイスなどを水に浸して素材の風味をつけたもの。

hureber.jpg

選ぶ素材によってはビタミンやミネラルなどの栄養素も摂取できるのが魅力です。

『野菜、果物、ハーブで作る フレーバーウォーター』(文化出版局刊)の著者でお菓子研究家の福田里香さんに、フレーバーウォーターの楽しみ方と初夏におすすめのレシピを伺いました。
「砂糖を使わないフレーバーウォーターはカロリーゼロで味が濃すぎないので、食事のおともにぴったりです。

簡単にできて見た目もきれいなので、普段の食卓にはもちろん、おもてなしにも活躍してくれますよ。水筒に直接材料を入れて水と氷を注ぎ、外出先で楽しむのもよいでしょう」


【キュウリウォーター
■材料と作り方
キュウリ1本の皮をむき粗く刻む。レモンの果肉[! 個分と不織布のだしパックに入れ、水750ccに漬け冷蔵庫で半日~1日冷やす


【シナモンウォーター】
■材料と作り方
1Lの水にシナモンスティック3本を漬け、冷蔵庫で1日~1日半ほど冷やす。飲むときに好みで氷を入れてもおいしい

【ミント&レモンウォーター】

■材料と作り方
500~700ccの水に手でちぎったミント10枚と輪切りにしたレモン適量を入れて冷蔵庫で冷やす

【メロンウォーター】

■材料と作り方
メロン(種類はなんでもOK)1個分の種を不織布のだしパックに入れ、500~700ccの水に漬けて冷蔵庫で冷やす





関連ひとネタ



一覧を見る

話題のひとネタ記事カテゴリー

  • 年間定期購読のご案内
  • メールマガジン『ESSE通信』のご案内 最新情報をいち早くお伝えします!
  •